メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「和牛偽装」で精肉店「神戸サカヱ屋」を刑事告発 虚偽表示容疑で兵庫県警に

兵庫県警本部=神戸市中央区で2019年2月22日、米山淳撮影

 神戸市東灘区の精肉店「神戸サカヱ屋」が「和牛」として、より安価な交雑種を販売したとされる問題で、購入した焼き肉店経営会社が不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、サカヱ屋を兵庫県警に刑事告発した。7日付。県警は内容を精査し、捜査する方針。

 告発したのは兵庫県内で焼き肉店7店を経営する「オーシャンフーヅ」(神戸市中央区)。

 告発状などによると、オ社は2016年4月からサカヱ屋と取引を開始。今年3月まで「和牛ブリスケ」として1キロ当たり3500円で計約5トンを仕入れ、焼き肉店で提供した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の「森進一」に成り済まし給付金詐取 同姓同名の被告、起訴内容認める

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  4. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  5. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです