メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「和牛偽装」で精肉店「神戸サカヱ屋」を刑事告発 虚偽表示容疑で兵庫県警に

兵庫県警本部=神戸市中央区で2019年2月22日、米山淳撮影

 神戸市東灘区の精肉店「神戸サカヱ屋」が「和牛」として、より安価な交雑種を販売したとされる問題で、購入した焼き肉店経営会社が不正競争防止法違反(虚偽表示)の疑いで、サカヱ屋を兵庫県警に刑事告発した。7日付。県警は内容を精査し、捜査する方針。

 告発したのは兵庫県内で焼き肉店7店を経営する「オーシャンフーヅ」(神戸市中央区)。

 告発状などによると、オ社は2016年4月からサカヱ屋と取引を開始。今年3月まで「和牛ブリスケ」として1キロ当たり3500円で計約5トンを仕入れ、焼き肉店で提供した。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、大規模イベント中止・延期を要請 3月中旬まで2週間

  2. オリックス生命 新宿拠点の700人超を在宅勤務に 協力会社員が新型コロナ感染で

  3. 函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で

  4. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  5. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです