メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

孤独死1100人、8割が男性 大阪市・17年「地域とのつながり薄いため」

 2017年に大阪市内で発見された孤独死は1101人に上り、うち8割に相当する871人が1人暮らしの男性だったことが大阪府監察医事務所による初の実態調査で明らかになった。死後1週間以上経過してから住宅の管理人に発見されるケースも多く、同事務所は「男性は女性より地域とのつながりが薄いためと考えられる。地域に参画しやすくする仕組みが必要だ」と指摘している。

 府監察医事務所は、大阪市内で発見された死因が不明な遺体のうち、事件性がないとみられる遺体について検案や解剖によって死因究明している。少子高齢化で独居世帯が増加し、誰にもみとられない孤独死が社会問題化する中、府の対策に生かそうと今年6月に初めて統計をまとめた。

 今回の調査では、自宅で発見され、死亡から発見まで4日以上経過したケースを孤独死と定義。17年に扱った4551人のうち、1101人を孤独死と判断した。このうち905人は死亡から1カ月以内に発見されたが、1カ月を超えた人も196人に上り、最長で1年4カ月後に発見された人もいたという。事件性が疑われない限り、孤独死については警察も発表せず、報道されるケースはまれだが、大阪市内だけで1日あたり3人の孤独死が見つかっている計算になる。

 世代別では、60代以上が8割以上を占め、40~50代の中年世代も2割近くいた。第一発見者は、女性は親族や近隣住民の割合が高いのに対し、男性は住宅の管理人の割合が最も高かった。65歳以上の1人暮らし世帯は全国的に女性の方が多いが、孤独死の割合では逆転していた。

 一方で、同居人がいるケースも…

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1650文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです