メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「慌てなかったね」取組同様、口ぶりも落ち着いた御嶽海

大相撲九州場所を前に報道陣の取材に応じる御嶽海=福岡県新宮町で2019年10月28日午前9時55分、森園道子撮影

 「危なかったといえば危なかったけど、慌てなかったね」と、八角理事長(元横綱・北勝海)は御嶽海を褒めた。妙義龍に立ち合いで負け、下からつき上げられて上体が起きた。だが、安易に引かず、逆に素早く突き起こす。タイミングよく両腕のつっかえ棒を外すと、相手はたまらず四つんばいになった。優勝翌場所の重圧があり…

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです