メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若手への惜しみない愛と「負けない」プライド 侍ジャパンの“兄貴分”坂本勇

攻守の要として侍ジャパンを引っ張る坂本勇=台湾・台中市で2019年11月5日午後4時42分、細谷拓海撮影

 世界一を目指し国際大会「プレミア12」を戦っている日本代表「侍ジャパン」は11日、2次ラウンド初戦のオーストラリア戦(ゾゾマリンスタジアム)を迎える。選手は10日、同球場で軽めの調整をした。稲葉監督のもと、集結した選手を紹介する。今回は侍の“兄貴分”、巨人・坂本勇人(30)。

 突然始まった「打撃談笑」はしだいに真剣な表情となり、熱を帯びていった。打撃練習後、鈴木(広島)に対し、ダッグアウトで語りかける坂本勇の姿があった。5分、10分……、まだ終わらない。最後にはバットを片手に立ち上がってアドバイス。「キャリアとか年数は関係ない。聞かれたら答える」と平然と話した。

 若手が多い今チームで、2013、17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を経験している坂本勇は精神的支柱だ。自身が不調だった1次ラウンド中にも、鈴木に対して…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 日本人名のローマ字表記 「名→姓」定着は西洋人コスプレ?

  3. 元NBA選手、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです