メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マツダ・山本憲二、MGC対決制す 中国実業団駅伝

5連覇を達成し、たすきを掲げてフィニッシュするマツダの円井彰彦=広島県世羅町のせら文化センターで2019年11月10日午後1時59分、伝田賢史撮影

 第58回中国実業団対抗駅伝は10日、広島県世羅町で7区間80・8キロのコースで行われ、大会新記録の4時間0分10秒で5年連続12回目の優勝を果たしたマツダ、2位・中電工、3位・中国電力、4位・JFEスチールが来年元日の全日本実業団対抗駅伝(群馬)の出場権を獲得した。

 マツダに初の5連覇を呼び込んだのは、1区の「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)対決」を制した山本憲二だった。37分15秒の区間新。ともに9月のMGCに出場した2位の中国電力・藤川拓也に6秒差をつけ、勢いづけた。

 藤川が積極的に引っ張る展開。集団に付いて力をため、8キロ過ぎにスパートをかけた。「後半(ペースを)上げられたのは収穫だった」と山本。6月のサンディエゴ・ハーフマラソンで日本人トップの4位に入り、MGCには手応えを得て臨んだはずだった。

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです