メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン 先発・山口、4回2失点と物足りない内容

【日本-オーストラリア】三回表オーストラリア2死三塁、ケネリーの中前打にグラブを出す日本の先発・山口=ゾゾマリンスタジアムで2019年11月11日、大西岳彦撮影

○日本3―2オーストラリア●(11日、ゾゾマリンスタジアム)

 今大会2度目の先発マウンドとなった山口(巨人)だが、オーストラリア相手に会心の投球とはならなかった。

 相手を封じるキーワードに挙げたのは、フォークの精度だ。「日本より低めの見極めがいい。落としどころの確認はできた」。手応えを感じた通り、二回にはフォークで3者連続空振り三振を奪うなど立ち上がりから上々の投球だった。

 しかし、相手打線が2巡目に入ると、好テンポが一転した。三回に2死三塁からケネリーにフォークを拾われて先制の中前適時打を許すと、四回も2死から変化球に対応されて失点した。「1点でも少なく後ろの投手につなぎたい」と後続はしのいだが、4回を投げて4安打2失点と物足りない内容に終わった。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです