メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サブマリン侍、高橋礼が語った「メジャー」の夢と受け継ぐ系譜

日本が誇るサブマリンの高橋礼

 世界一を目指し、野球の国際大会「プレミア12」を戦っている日本代表「侍ジャパン」は12日、2次ラウンド2戦目で、2017年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)覇者・米国と対戦する。稲葉監督のもとに集結した選手を紹介する。今回は12日の先発を託された、ソフトバンクの高橋礼(24)。

 日本が誇るサブマリンがチームを波に乗せる。米国との試合を控えた前日の11日、高橋礼は「一発を打たれると試合が決まってしまうのが短期決戦。そこでしっかりゴロを打たせられる投球を目指している」。専大卒でプロ2年目の24歳は、りんとした表情で意気込みを語った。

 国際舞台で通用するという確かな自信を持っている。1次ラウンド2戦目のプエルトリコ戦に先発すると…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです