メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

源田のバントに周東反応 1本の安打と足技で敗戦の危機脱す

【日本-オーストラリア】七回裏日本2死三塁、源田のバントが野選を誘い、三塁走者の周東(左)が生還=ゾゾマリンスタジアムで2019年11月11日、大西岳彦撮影

 野球の東京五輪予選を兼ねた国際大会「第2回プレミア12」は11日、2次ラウンドが開幕し、日本代表「侍ジャパン」(1次ラウンドB組1位)はゾゾマリンスタジアムで、オーストラリア(C組2位)と対戦し、3―2で逆転勝ちした。

 1点を追う七回2死三塁。意表を突いて源田(西武)が試みたバントに、走者の周東(ソフトバンク)も反応し、スタートを切った。投手が試みたタッチをかいくぐり、足から本塁へ滑り込む(記録は野選)。「気持ちよかった」と周東。たった1本の安打と足技で敗戦の危機を…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです