メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桂三金さんが死去 48歳 「繁昌亭大賞創作賞」など受賞

桂三金さん=山田夢留撮影

 桂三金さん48歳(かつら・さんきん<本名・奥野武志=おくの・たけし>落語家)9日、脳幹出血のため死去。通夜は12日午後7時、葬儀は13日午前11時、大阪市北区長柄西1の6の14の大阪北玉泉院。喪主は妻雅子(まさこ)さん。

 大阪府出身で1994年、桂三枝(現文枝)さんに入門。体重100キロ超の体格を生かした創作落語「奥野君シリーズ」などを手がけ、「繁昌亭大賞創作賞」などを受賞。8日まで、自身が企画した天満天神繁昌亭での1週間公演に出演していたが、9日朝に不調を訴えて病院に搬送され、同日夜に亡くなった。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです