メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位パレード 民放5局がタッグ中継、映像を共有(スポニチ)

[PR]

天皇陛下即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」(2019年11月10日)

 NHKと民放各局はいずれも特番を編成しパレードを中継した。

     民放5局はカメラを10台ずつ出し合い、エリアを分けて撮影を行い、中継映像を共有。民放関係者によると、スタートの皇居内御所の模様をテレビ東京が撮影、その後は日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビの順で代表カメラを担当した。

     他局に比べて報道特別番組が少ないテレ東は「報道スペシャル“祝賀御列の儀”」と題し、1時間放送。各局で出し合った代表カメラ10台のほか、独自のカメラ12台、記者12人がハンディーカメラを1台ずつ持って撮影し、独自映像も織り交ぜた。

     フジはカメラを100台以上、スタッフは「数え切れない」ほど投入し「過去最大規模」(同局)という特別報道態勢を敷いた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    2. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    3. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    4. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

    5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです