メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/1 宿る霊力、墓泥棒への警告 エジプト-墓室に呪いの書-

ピラミッドを建設した労働者が眠る墓のエリア=エジプト・ギザで2019年9月、篠田航一撮影

 古代文明発祥の地エジプトには、人々を魅了する多くの遺跡がある。興味が尽きないのは、そこに刻まれた不思議な文字の数々だ。太古の人々は何を語っていたのか。悠久の時を越え、現代に残る古代文字の世界を歩いてみた。【ギザ(エジプト北部)で篠田航一】

 「呪い」など信じない。だが実際にその文言を目にすれば、やはり不気味だ。

 エジプトの首都カイロ近郊ギザにある3大ピラミッド。その南に位置する岩山に、ピラミッド建設当時の労働者の墓がある。靴に入る砂を気にしながら、丘の上の墓室にたどりついた。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  5. ORICON NEWS セクゾ松島聡、1年9ヶ月ぶり活動再開を発表 18年11月よりパニック障害の療養で休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです