メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古代文字を歩く

/1 宿る霊力、墓泥棒への警告 エジプト-墓室に呪いの書-

ピラミッドを建設した労働者が眠る墓のエリア=エジプト・ギザで2019年9月、篠田航一撮影

 古代文明発祥の地エジプトには、人々を魅了する多くの遺跡がある。興味が尽きないのは、そこに刻まれた不思議な文字の数々だ。太古の人々は何を語っていたのか。悠久の時を越え、現代に残る古代文字の世界を歩いてみた。【ギザ(エジプト北部)で篠田航一】

 「呪い」など信じない。だが実際にその文言を目にすれば、やはり不気味だ。

 エジプトの首都カイロ近郊ギザにある3大ピラミッド。その南に位置する岩山に、ピラミッド建設当時の労働者の墓がある。靴に入る砂を気にしながら、丘の上の墓室にたどりついた。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1164文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  5. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです