メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「2週間だけ仮放免」 繰り返される外国人長期収容 「一瞬息させ、水に沈めるようだ」

外国人の長期収容などの入管収容に関する問題について街頭で訴えるアブドラヒさん=東京都新宿区で、吉田航太撮影

 出入国在留管理庁による外国人長期収容問題は、収容者の「餓死」という深刻な事態に至った。人権侵害との指摘をよそに、同庁は初の施設内での餓死について「対応に問題はなかった」との報告を公表。在留許可を失って国外退去処分となった外国人を、送還のめどが立たない状態でも収容し続けるとの姿勢を崩していない。10月には、収容対策を検討する有識者専門部会の会合も始まり、「苛烈な収容が制度化される」という懸念が高まっている。【井田純】

 「私たちは、人間として、人権を守ってもらいたいと願っています。この問題に関心を持ってくれる人の助け…

この記事は有料記事です。

残り2624文字(全文2884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです