メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「2週間だけ仮放免」 繰り返される外国人長期収容 「一瞬息させ、水に沈めるようだ」

外国人の長期収容などの入管収容に関する問題について街頭で訴えるアブドラヒさん=東京都新宿区で、吉田航太撮影

 出入国在留管理庁による外国人長期収容問題は、収容者の「餓死」という深刻な事態に至った。人権侵害との指摘をよそに、同庁は初の施設内での餓死について「対応に問題はなかった」との報告を公表。在留許可を失って国外退去処分となった外国人を、送還のめどが立たない状態でも収容し続けるとの姿勢を崩していない。10月には、収容対策を検討する有識者専門部会の会合も始まり、「苛烈な収容が制度化される」という懸念が高まっている。【井田純】

 「私たちは、人間として、人権を守ってもらいたいと願っています。この問題に関心を持ってくれる人の助けが必要です」。2日夜、東京・新宿駅東口広場。マイクに向かってイラン人のベヘザード・アブドラヒさん(41)がゆっくりと、丁寧な日本語で訴えた。支援者のほか通行人も足を止め、100人を超える人たちが耳を傾けている。

この記事は有料記事です。

残り2519文字(全文2884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです