メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

根菜と鶏の炊いたん キャベツとシラスのシソあえ うまみ、なじんで、しゅんで

根菜と鶏の炊いたんとキャベツとシラスのシソあえ(右下)=大阪市北区で、久保玲撮影

 根菜類がおいしい季節になりました。今回は「根菜と鶏の炊いたん」を西川ヘレンさんに教えてもらいます。食卓を待つ家族の声が聞こえてきそうな料理名。楽しみです。

 鶏肉を食べやすい大きさに切り、フライパンで表面が白くなる程度に焼いて、取り出しておきます。「鶏皮からもだしが出ますから、野菜と一緒になかよく味を作り出してくれる感じです」とヘレンさん。

 寒くなっていく時期に食べる食材には、体があたたまったりするなどの効果があるといいます。レンコンやゴボウ、ニンジンなどは均等なサイズで乱切りにし、味がしゅむ(染み込む)ように面を増やすのがこつ。コイモは少し硬めにゆでて、煮込む時に一緒に入れ、火が通ったら一旦取り出しておくのがポイントです。

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです