メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コロナ刑事罰規定削除 懲役・罰金とも 与野党合意
アート・歴史

宮津・丹後郷土資料館で企画展 光秀と幽斎、運命の選択 /兵庫

丹波と丹後の攻略を遂げた細川藤孝(左)と明智光秀(右)=いずれも東大史料編纂所提供

 来年1月に始まるNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で丹波ゆかりの戦国武将、明智光秀が主人公となる。同じく織田信長に仕え娘の玉(ガラシャ)の嫁ぎ先にもなったのが細川家。盟友だった細川藤孝(幽斎)と光秀は、本能寺の変を境に真逆の道を選ぶ。京都府宮津市国分の府立丹後郷土資料館で開催中の企画展「光秀と幽斎」では本能寺の瓦などを展示中。戦国武将が丹後の地で直面した「究極の選択」を知り、歴史の面白さを学ぶことができる。【安部拓輝】

 室町時代の十五代将軍足利義昭の家臣だった藤孝。光秀は義昭の足軽衆だったようだ。藤孝は、義昭が織田信長に追放されると信長に従った。一足先に信長に仕えた光秀は才覚を見いだされ、重要な使命を与えられる。丹後・丹波の武将の攻略だ。当時はまだ義昭が幕府に返り咲く可能性もある。将軍への忠義を守るか信長という新勢力につくか、北京都は混乱期に入った。光秀は藤孝と二人三脚で黒井城(丹波市)を攻めて丹波を切り崩すと…

この記事は有料記事です。

残り1130文字(全文1545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 日産、2030年代早期に新型車をすべて電動車に 日米中欧の市場で

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 光を放つ800系 公募「願いごと」を装飾 九州新幹線全線開業10年で特別運行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです