メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジュニア県展 入賞・入選562点決まる 27日から各地で展示 /和歌山

 第5回県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)の3部門(立体、書、絵画)の入賞60点、入選502点が決定した。地方展が27日の新宮展(新宮市立総合体育館、12月1日まで)を皮切りに始まる。12月7日からは橋本展(県立橋本体育館、同11日まで)、同18日からは上富田展(上富田文化会館、同22日まで)が開催される。入賞、入選作品が展示される本展は来年1月22~26日、県立近代美術館(和歌山市吹上1)である。【後藤奈緒】

 3部門の入賞、入選者は次の通り。(敬称略、順不同)

この記事は有料記事です。

残り4347文字(全文4637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです