メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジュニア県展 入賞・入選562点決まる 27日から各地で展示 /和歌山

 第5回県ジュニア美術展覧会(ジュニア県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)の3部門(立体、書、絵画)の入賞60点、入選502点が決定した。地方展が27日の新宮展(新宮市立総合体育館、12月1日まで)を皮切りに始まる。12月7日からは橋本展(県立橋本体育館、同11日まで)、同18日からは上富田展(上富田文化会館、同22日まで)が開催される。入賞、入選作品が展示される本展は来年1月22~26日、県立近代美術館(和歌山市吹上1)である。【後藤奈緒】

 3部門の入賞、入選者は次の通り。(敬称略、順不同)

この記事は有料記事です。

残り4347文字(全文4637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 橿原の男性焼死 傷害容疑で火元の部屋の20歳男を逮捕 奈良県警

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

  5. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです