上関原発 海上ボーリング調査 中国電力、準備作業に入れず 抗議行動や荒天で /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
海上ボーリング調査の予定海域で9日午後、作業船(左)に準備作業に入らないように呼び掛ける反対派の船
海上ボーリング調査の予定海域で9日午後、作業船(左)に準備作業に入らないように呼び掛ける反対派の船

 上関原発建設に向け、中国電力(広島市)が上関町の建設予定地海域で8~13日に予定していた海上ボーリング調査の準備作業が、反対派住民の海上での抗議行動や荒天で、着手できない状態が続いている。中国電は13日にも、住民が乗った漁船に対し社員が直接、調査地点からの移動を要請することも検討しており、14日のボーリング調査に向け、混乱が懸念されている。

 現場海域には中国電が準備作業に入るとした8~10日、予定地対岸の祝島の漁業者らが漁船約10隻を出し、抗議。「安全が確保できない」として、作業を見送り、11日は荒天のため断念した。中国電上関原発準備事務所は12日も作業せず、対策を検討した上で13日に着手したいとしている。【松本昌樹】

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文517文字)

あわせて読みたい

ニュース特集