メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19・21号

台風「車中死」30人 避難や帰宅途中 19号から1カ月

台風19、21号による犠牲者が遭った災害

 東日本各地に甚大な被害をもたらした10月の台風19、21号の影響で亡くなった103人のうち、水害の犠牲者は72人に上る。うち7割弱に当たる50人が屋外で被災していたことが毎日新聞の取材で判明した。中でも車で移動中に巻き込まれる「車中死」が30人を占める。避難中や帰宅途中の被災が多いことも分かり、早期避難の重要性が改めて浮き彫りになった。台風19号の上陸から12日で1カ月になる。【まとめ・安藤いく子】

 自治体や警察などへの取材を基に分析。死因が溺死と判明した人のほか、川の増水による道路の陥没で転落死した人らを水害死者とした。その被災場所や状況を調べると、車中死が30人、屋外での被災(車中死を除く)が20人、屋内での被災が22人だった。

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 志村けんさん、新型コロナ肺炎で死去 感染判明から1週間 ドリフターズで活躍

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです