メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ナガイモ、台湾で定着 「日本産」人気掘り起こせ

十勝産ナガイモを手に取る台湾の買い物客=台北市で8月20日、陳瑞涓撮影

 ナガイモや生卵、焼き芋用のサツマイモ――。海外で意外な日本の農産物が人気となるケースが増えている。輸出拡大を目指す農林水産省も海外の新たな需要を掘り起こそうと、生産者支援に本腰を入れ始めた。政府は今年の農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標を掲げるが、最近では伸びが鈍化傾向にあり、再加速のために海外でブームに火を付けられるかが注目される。【神崎修一、台北・福岡静哉】

 「日本のナガイモは繊維が細くておいしいから生でも食べられる」。台湾の台北市中心部にある高級スーパー…

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです