メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ナガイモ、台湾で定着 「日本産」人気掘り起こせ

十勝産ナガイモを手に取る台湾の買い物客=台北市で8月20日、陳瑞涓撮影

 ナガイモや生卵、焼き芋用のサツマイモ――。海外で意外な日本の農産物が人気となるケースが増えている。輸出拡大を目指す農林水産省も海外の新たな需要を掘り起こそうと、生産者支援に本腰を入れ始めた。政府は今年の農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標を掲げるが、最近では伸びが鈍化傾向にあり、再加速のために海外でブームに火を付けられるかが注目される。【神崎修一、台北・福岡静哉】

 「日本のナガイモは繊維が細くておいしいから生でも食べられる」。台湾の台北市中心部にある高級スーパーでナガイモを購入した同市の呉招妹さん(70)は満足げな表情をみせた。スーパーの売り場には北海道十勝地方産のナガイモがずらりと並び、買い物客が手に取ってじっくりと品定めする。スーパーの担当者は「台湾でも取れるが、日本産の方が見た目もキレイでおいしい。1本270台湾ドル(約970円)と高価だが、幅広い世…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  5. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです