メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

ナガイモ、台湾で定着 「日本産」人気掘り起こせ

十勝産ナガイモを手に取る台湾の買い物客=台北市で8月20日、陳瑞涓撮影

 ナガイモや生卵、焼き芋用のサツマイモ――。海外で意外な日本の農産物が人気となるケースが増えている。輸出拡大を目指す農林水産省も海外の新たな需要を掘り起こそうと、生産者支援に本腰を入れ始めた。政府は今年の農林水産物・食品の輸出額を1兆円とする目標を掲げるが、最近では伸びが鈍化傾向にあり、再加速のために海外でブームに火を付けられるかが注目される。【神崎修一、台北・福岡静哉】

 「日本のナガイモは繊維が細くておいしいから生でも食べられる」。台湾の台北市中心部にある高級スーパー…

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 奈良・橿原の殺人・放火 不明の男性が事件後、福岡のネットカフェに?

  5. 子供らに「補助犬知って」 シンシア主人公の紙芝居も 兵庫・宝塚でシンポジウム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです