メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

台風19・21号 高齢者の命、どう守る

「サツキPROJECT」の第1号として改修予定のアパートの前に立つ津田由起子さん=岡山県倉敷市真備町地区で10月27日

 12日で上陸から1カ月となる台風19号と、台風21号の影響による大雨の犠牲者のうち、6割を65歳以上の高齢者が占める。自宅で浸水にのまれて亡くなるケースが最も多く、お年寄りの逃げ遅れが改めて問題となった。足腰が弱り、自力避難が難しい災害弱者の命をどう守るのか。昨夏の西日本豪雨の被災地では、地域の力を活用した取り組みが進む。

この記事は有料記事です。

残り2694文字(全文2857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです