メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

気候変動と「炭素管理」=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 国連が果たす役割は期待通りではないとの見方が世界的に広がるなかで、今年秋の国連気候行動サミットは例外的に注目を集めた。それは10歳から27歳に至る年齢層が世界では約30億人に達しているにもかかわらず、若年層による政治的意思表明は国ごとの選挙においても十分に反映しきれていないという現状において、鋭角的な問題提起がなされたからだ。

 トランプ米政権が2015年の「パリ協定」からの離脱を決め、地球温暖化防止の枠組みは揺らぐ。しかし、…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文727文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです