メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、IS戦闘員送還 拘束の米国人とドイツ人

 トルコは11日、国内で拘束していた過激派組織「イスラム国」(IS)の米国籍とドイツ国籍の戦闘員計2人を本国に送還したと発表した。同日中にデンマーク人戦闘員も送還する予定。さらにフランスへ11人、ドイツへ9人など、欧州のIS戦闘員ら20人以上を送還する方針だ。トルコはIS戦闘員らを「出身国に送還する」と強調してきたが、欧州諸国は身柄引き受けを拒否してきた経緯があり、トルコが送還に踏み切ることで今後混乱を生む可能性がある。

 トルコは、シリアなどに渡って活動してきたISの外国人戦闘員ら約1200人を拘束している。ベルギーや英国、ドイツ、フランス、オランダの出身者が大半を占めるという。ただ、これらの国々は治安の悪化やISの影響力が拡散することなどを懸念し、自国出身の戦闘員の国籍を剥奪したり、身柄引き受けに消極的な姿勢を示したりしてきた。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです