メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

東京五輪・パラリンピック 毎日新聞のキャッチフレーズ募集 採用者にチケット贈呈

[PR]

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を迎えるにあたり、毎日新聞社はオリンピック憲章が掲げる世界平和、友好、平等の精神を踏まえ、共生社会の実現へ向けたキャッチフレーズを募集しています。東京大会の先も見据えて、読者のみなさんといまの時代にふさわしい言葉を共有し、バリアーゼロ社会を目指していきたいと考えています。

 キャッチフレーズは毎日新聞の紙面やウェブ上で使用します。

 <応募資格>国籍、性別、年齢を問いません<応募方法>はがきまたはメール<送り先>〒100―8051 毎日新聞社キャッチフレーズ係 phrase2020@mainichi.co.jp <応募方法など>何点でも応募可能ですが、未発表作品に限ります。住所、氏名、年齢、電話番号、簡単な趣旨を書いてください。採用作品の著作権は毎日新聞社に帰属します<締め切り>2019年11月25日(はがきは消印有効)<賞>本社内の選考委員会で採用作品を決め、ペアの東京2020オリンピック・体操男子団体決勝のチケットとホテル宿泊券を差し上げます(同一作品の場合は抽選)<発表>毎日新聞紙面、ウェブ上で行います

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです