メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 幸福のあり方解く 慶応大学大学院SDM研究科教授・前野隆司さん

前野隆司さん

 「幸せ」は人によって異なり定型的にとらえることは難しい。そのメカニズムを心理学、工学、統計学によって解き明かし、物作り、教育、職場環境のデザインに役立てる。「幸福学」の第一人者だ。インターネットで1500人を対象に29項目87個におよぶ「幸福の因子」に関する調査を行った。これをコンピューター解析し出てきた結論は「幸せの4因子」だ。

 自己実現と成長の「やってみよう因子」、感謝と人を喜ばせる「ありがとう因子」、楽観性の「なんとかなる因子」、マイペースの「あなたらしく因子」。「幸せは多様ですが、基本的なメカニズムが明らかになりました。これに基づいて生き方、心構えを変えることで幸せへ近づくことができる」と解き明かす。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです