メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日俳壇

西村和子・選

◎特選

◎木犀の香や彼岸より夫の声 米子市 森桂子

【評】嗅覚に訴えてくる記憶は鮮明だ。亡き人の声が聞こえてくるのもこんな時。

秋明菊ゆるく括りて風誘ふ 野洲市 宮西ヱイ

【評】括るのは風に倒されないように。だがきつく括ると揺れなくなる。その加減が微妙。

教会のドア半開き色鳥来 弥富市 富田範保

残生を愛(お)しむがごとし秋の蝶 高山市…

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文347文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです