メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 強豪英国、支える慈善団体=越智貴雄

ウェールズ地方最高峰のスノードン山への登頂に成功したスーザンさん(中央)とボランティアたち=写真家・越智貴雄さん撮影

 パラリンピック強豪国の英国には、事故などで車いす生活になった人たちをサポートするチャリティー団体「バックアップトラスト」がある。

 スパイ映画「007」シリーズなどでスタントマンの経験があり、フリースタイルスキーの世界チャンピオンでもあったマイク・ネメスバリーさんが、自身の事故と車いす生活での経験をきっかけに、団体を立ち上げた。

 病院と連携して、車いす生活になった人たちと連絡を取り、車いす操作のスキル、仕事や学校に戻るためのノウハウを伝える。社会復帰した人はもとより、多くのパラリンピアンも生まれている。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  3. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  4. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです