メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

私生活動画の報酬、月13万円 「生活保護並み」に批判 IT会社、20万円に増額

当初Plasmaのホームページに掲載された社会実験の説明の一部。生活保護費相当額の約13万円に設定したため批判が上がり、現在は20万円に変更されている

 <access>

 1カ月の生活保護費並みの約13万円を提供する代わりに、その私生活データをすべて収集するという「社会実験」の参加者をIT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区)が募っている。ネット上では「貧困ビジネスだ」などと批判が集まり、同社は金額を20万円に増額。一方、応募は増える一方で、10日現在500人に上るという。【吉田卓矢】

 同社の計画によると、個人宅の居間やトイレ、脱衣場、台所などに複数のカメラを設置して約1カ月間、動画…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです