メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

私生活動画の報酬、月13万円 「生活保護並み」に批判 IT会社、20万円に増額

当初Plasmaのホームページに掲載された社会実験の説明の一部。生活保護費相当額の約13万円に設定したため批判が上がり、現在は20万円に変更されている

 <access>

 1カ月の生活保護費並みの約13万円を提供する代わりに、その私生活データをすべて収集するという「社会実験」の参加者をIT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区)が募っている。ネット上では「貧困ビジネスだ」などと批判が集まり、同社は金額を20万円に増額。一方、応募は増える一方で、10日現在500人に上るという。【吉田卓矢】

 同社の計画によると、個人宅の居間やトイレ、脱衣場、台所などに複数のカメラを設置して約1カ月間、動画を撮影。回収後、個人が特定できないように処理してデータを企業に提供し、どういう利用が可能か調査し、ビジネスの可能性を探る。提供データは本人の了解を得た一部に限る。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです