メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位パレードに12万人

 天皇陛下の即位に伴う国事行為の儀式「祝賀御列(おんれつ)の儀」のパレードが10日、皇居・宮殿から赤坂御所(東京都港区)までの約4・6キロのコースで行われた。約11万9000人が沿道を埋め、天皇、皇后両陛下は祝意に応え、笑顔で手を振り続けられた。

 両陛下を乗せたオープンカーは、午後3時に宮殿・南車寄せを出発した。陛下はえんび服に勲章、皇后雅子さまは白いロングドレスにティアラ(宝冠)と勲章を身に着けて臨んだ。

 秋篠宮ご夫妻や安倍晋三首相らの車を含む46台の車列は時速約10キロのスピードで進み、スマートフォンや日の丸の小旗を手にした人たちの歓声に包まれた。両陛下は穏やかな表情で、皇后雅子さまが涙をぬぐう場面もあった。約30分で両陛下の住まいの赤坂御所に到着した。

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです