メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

大分東明、「黒の壁」崩す 舞鶴の花園連続出場33で止める

初優勝が決まり、喜ぶ大分東明の選手たちと悔しがる大分舞鶴の選手たち(手前)

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)の大分県予選決勝が10日、大分市の豊後企画大分駄原球技場であり、大分東明が17―14で大分舞鶴に逆転勝ちして初優勝し、12月27日に東大阪市花園ラグビー場で開幕する全国大会出場を決めた。第54回大会(1974年度)を制した大分舞鶴の連続出場は33で途切れた。

 跳び上がって喜ぶ紺色ジャージーの一団。一方、花園でおなじみの黒ジャージーの選手たちは、ひざまずいたまま動けない。試合終了直後の両チームの姿が衝撃の大きさを物語った。悲願の初出場を決めた大分東明の白田監督は「無名校でも、やればできる」と興奮を隠しきれなかった。

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです