米統合参謀本部議長が安倍首相らと会談 GSOMIA巡り、日米韓連携の重要性を確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は12日、ミリー米統合参謀本部議長と首相官邸で会談し、北朝鮮について完全かつ検証可能で不可逆的な方法による非核化(CVID)を目指すことで一致した。また日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)が23日午前0時に失効することを念頭に、日米韓の連携の重要性も確認した。

 首相は「日米同盟の抑止力と対応力の強化、自由で開かれたインド太平洋の実…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

ニュース特集