特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題についての野党合同ヒアリングで内閣府などの担当者たち(左列)に質問する議員たち(右列)=国会内で2019年11月12日午後3時6分、川田雅浩撮影
安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡る問題についての野党合同ヒアリングで内閣府などの担当者たち(左列)に質問する議員たち(右列)=国会内で2019年11月12日午後3時6分、川田雅浩撮影

 首相主催の恒例行事「桜を見る会」に、安倍晋三首相の後援会関係者が多数招待され「公費の私物化だ」と批判されている問題で、立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党による追及チームは12日、国会内で合同ヒアリングを開き、会の実態などについて事務局サイドに質問した。主なやりとりの続きは以下の通り。

総務省基準では10年保存?

 奥野総一郎衆院議員(国民民主) 総務省にもう一度うかがいます。統計局の基準があった。統計局の基準では「桜を見る会」の招待者の選考の経緯を残すと書いてあり、具体的には選考基準、選考案、被招待者名簿を残せとある。誰が推薦し、誰が選ばれたかを返ってくる前提で、それを10年間保存することになっている。これをぜひ開示していただきたい。少なくとも統計局には出していただきたいし、この基準によれば各課10年でこうしたものが残されているはずなので、取りまとめて出していただきたい。

 もうひとつ疑問なのが、なぜ総務省が10年なのに内閣府は1年なのか。当然、おおもとの規則があるわけですよね。総務省が勝手に作っているわけではないから。もととなるものを公文書管理法に基づいて、内閣府が出しているはず。なぜ1年と10年の差が出るのか。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文2197文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集