特集

桜を見る会

安倍首相主催の「桜を見る会」に首相の後援会関係者が多数招待され、「公費の私物化」と批判されています。

特集一覧

桜を見る会、自民党の「枠」 二階幹事長は「あったって別にいい。特別問題になることがありますか」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の二階俊博幹事長=首相官邸で、川田雅浩撮影
自民党の二階俊博幹事長=首相官邸で、川田雅浩撮影

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、自民党議員に関係者を招待できる「枠」があったとする石破茂元幹事長の発言に関し、二階俊博幹事長は12日の記者会見で「ほとんど興味はないし、何枚割り当てられているのか知らない」としつつ、「枠」の存在については「それはあったって別にいいんじゃないですか。特別問題になることがありますか」と述べ、問題ではないとの認識を示した。

 二階氏は「誰でも議員は選挙区の皆さんに機会あるごとに、できるだけのことを呼びかけて参加いただくことに配慮するのは当然だ」とも話した。

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文634文字)

【桜を見る会】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集