電力業界に風穴を NTTが独自送電網を整備へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
NTT東日本=2019年5月10日、村田由紀子撮影
NTT東日本=2019年5月10日、村田由紀子撮影

 NTTグループは12日、来年度から6年間で総額6000億円を投じ、自前の送配電網を整備する計画を発表した。全国約7300カ所にある電話局と地域の公共施設や工場をつなぎ、再生可能エネルギーを供給する「再エネの地産地消」を目指す。環境への配慮やバックアップ電源としての需要を取り込み、電力事業の売上高を倍増させる方針だ。

 グループでは新電力のエネットが再エネの小売り、NTTファシリティーズが太陽光発電を行っている。計画では2025年度までに発電力を現在の30万キロワットから450万キロワットに増やし、売上高は現在の約3000億円から6000億円に倍増させる。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文638文字)

あわせて読みたい

注目の特集