メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産、米市場の不振響き大幅下方修正

中間決算の説明をするスティーブン・マー次期日産自動車最高財務責任者(CFO)=横浜市西区で2019年11月12日午後5時11分、根岸基弘撮影

 日産自動車は12日、2020年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正すると発表した。主力の米国市場の販売不振などが響き、最終(当期)利益は前期比65・5%減の1100億円と、従来予想から600億円減少する見込み。カルロス・ゴーン前会長の一連の事件による混乱が続く同社では、12月に内田誠専務執行役員が新社長に就任するが、新体制は厳しい船出となりそうだ。

 同日発表した19年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比9・6%減の5兆30億円、本業のもうけを示す営業利益が85%減の316億円と大幅な減益となった。最終利益は73・5%減の653億円。販売台数は米国が4・3%減の67万9000台、欧州が19・7%減の26万5000台、日本が1・3%減の28万1000台といずれも落ち込み、外国為替市場で想定より円高が進んだことが重しになった。中国は71万800…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです