メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GAFA聴取 規制か、テクノロジーの進化か 求められるバランス

 プラットフォーマーと呼ばれる巨大IT企業を巡る規制の整備に向け、政府は12日、「GAFA」と称される米IT大手4社へのヒアリングを実施した。規制強化を盛り込んだ新法案に対し、事業者側からは懸念が噴出し、規制と経済活性化のバランスの難しさが浮き彫りとなった。

 「(監督官庁などへの報告や開示が)ユーザーや事業者の不利益になる事態が考えられる」。12日朝、首相官邸で開かれた「デジタル市場競争会議」に出席したグーグルの経済・競争政策統括責任者、アダム・コーエン氏は、大手IT企業への規制を強める「デジタル・プラットフォーマー取引透明化法案」が、GAFAに事業状況の報告を求めている点に強い懸念を示した。特定分野の情報開示が過度に進めば、不正利用される可能性があるためだ。

 政府はグーグルなどが企業買収を繰り返してデータを独占し、巨大化したことにも懸念を持っており、買収時にデータを寡占化していないか政府が評価することも検討している。コーエン氏は「(評価は)データの価値などを慎重に検討して行うべきだ」と苦言を呈した。アップルの担当者も、規制への対応で、「日本の消費者への最新の製品やサービス、イノベーション(技術革新)の導入が遅れる」と述べ、過度な規制をけん制した。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです