メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党税調の甘利会長、デジタル課税「重大な問題」と不満を表明

自民党本部=東京都千代田区で、曽根田和久撮影

 巨大IT企業などへの適切な課税を目指し、世界約130カ国が協議中のデジタル課税を巡り、自民党税制調査会の甘利明会長は12日、「(巨大IT以外の)世界展開する事業会社が巻き込まれている。我が国の産業政策にとって極めて重大な問題だ」と述べ、懸念を表明した。

 デジタル課税は、その国に支店や工場などの物理的な拠点がなければ法人税を課税できない現行ルールを見直すもので、拠点を…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 「昇給に影響」総務課長が職員30人にメール パワハラで訓告 東山梨消防

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです