メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル軍がガザで暗殺攻撃 ロケット弾で報復も

イスラエルのミサイル攻撃を受け、破壊された建物=パレスチナ自治区ガザで12日、AP

[PR]

 イスラエル軍は12日未明、パレスチナ自治区ガザで過激派「イスラム聖戦」のアブアッタ司令官の自宅を空爆、司令官を殺害した。この攻撃を受けて、ガザからイスラエル各地に多数のロケット弾が発射されている。報復の連鎖により、大規模な戦闘に発展することが懸念される。

 イスラエル軍は、司令官はガザ地区内でのイスラム聖戦の活動の多くについて責任を負い、テロ攻撃を計画していたと主張。イスラエルにとっての「時限爆弾」だったと強調した。

 イスラム聖戦はイランと関係の深い過激派組織で、ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスに次ぐ規模を持つ。ここ数カ月の間、散発的に起きていたイスラエルに対するロケット弾攻撃を仕掛けてきたとみられている。

 イスラム聖戦によると、今回の暗殺攻撃で司令官の妻も死亡した。また、シリアの首都ダマスカスでも12日未明、イスラム聖戦の政治部門幹部の自宅が攻撃され、幹部の息子ら2人が死亡した。

 イスラム聖戦の指導者ナハラ氏は「全てのレッドライン(許容できない一線)を越えた」と、イスラエルのネタニヤフ首相を非難し、徹底的な報復を示唆している。【エルサレム高橋宗男】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです