メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛県、休日イベントに職員100人 参加「割り振り」

愛媛県庁=松山市で2019年2月21日、花澤葵撮影

 愛媛県の東部地域の振興を図る大規模イベントで、実行委員会事務局を担う県東予地方局商工観光室が同地方局内の部ごとに目標人数を示した文書を作成し、日曜開催の関連イベントへ業務外での参加を促していることが11日、県への取材で判明した。「協力依頼数」として割り振られた総計は100人で、部ごとに参加予定者数の報告も求めていた。

 同県では松山―ソウルの航空路線維持のため、同様の方法で私費での韓国旅行を促していたことが2日に毎日新聞などの報道で表面化し、物議を醸したばかり。参加依頼の文書は直後の7日付。同室は「業務ではないし、強制ではない」と釈明している。

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです