メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北最古級の升形虎口見つかる 中央と密接な関係? 青森

聖寿寺館跡で発見された東北最古級の枡形虎口の跡=南部町で2019年11月7日、塚本弘毅撮影

 青森県南部町教育委員会は、北東北最大の戦国大名、三戸南部氏の中心的居城だった国史跡「聖寿寺館跡」(同町小向)で、15世紀後半~16世紀初頭の東北最古級の升形虎口(ますがたこぐち)(出入り口)が見つかったと発表した。当時の最新築城術を全国的にも早い段階で導入しており、三戸南部氏の中央との交流や格式の高さを示す重要な発見という。【塚本弘毅】

 升形虎口は敵の城館侵入を阻むため、入り口を四角い升形にして通路を右左折させ、真っすぐ攻め込めないようにした防御施設。戦国の争乱が激しくなる16世紀中ごろから全国的に増えた。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文617文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  2. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  3. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  4. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

  5. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです