メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、実況見分を実施する警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年6月13日午前10時48分、佐々木順一撮影(画像の一部を加工しています)

[PR]

 東京・池袋で4月、近くに住む主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、警視庁交通捜査課は12日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検した。半年以上に及んだ捜査で、車に異常はなく、ブレーキを踏んだ形跡がないことから、ブレーキとアクセルの踏み間違えが事故の原因と断定した。母子をはねた時点での速度は90キロ台後半に達していた。

 書類送検容疑は4月19日、東京都豊島区東池袋4の都道で、ブレーキとアクセルを踏み間違えて暴走し、松永さん母子をはねて死亡させ、飯塚元院長の妻を含む9人に重軽傷を負わせたとしている。同課は元院長の認否を明らかにしていない。

 同課によると、飯塚元院長は事故現場手前のカーブを左折中、前方のバイクや車を避けるためブレーキを踏もうとしたが誤ってアクセルを踏み、その後も踏み続けたとみられる。

 飯塚元院長は事故前から足を痛め通院していたが、同課は事故への影響はないと判断した。飯塚元院長は事故で胸の骨を折るなどして入院。警視庁は証拠隠滅や逃亡の恐れがないとして、退院後も在宅のまま捜査していた。【山本有紀、金森崇之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです