池袋暴走原因断定 ブレーキとアクセルの踏み間違え 警視庁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、実況見分を実施する警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年6月13日午前10時48分、佐々木順一撮影(画像の一部を加工しています)
池袋で暴走した乗用車に母子がはねられて死亡した事故で、実況見分を実施する警視庁の捜査員ら=東京都豊島区で2019年6月13日午前10時48分、佐々木順一撮影(画像の一部を加工しています)

 東京・池袋で4月、近くに住む主婦、松永真菜さん(当時31歳)と長女莉子ちゃん(同3歳)が乗用車にはねられ死亡した事故で、警視庁交通捜査課は12日、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検した。半年以上に及んだ捜査で、車に異常はなく、ブレーキを踏んだ形跡がないことから、ブレーキとアクセルの踏み間違えが事故の原因と断定した。母子をはねた時点での速度は9…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文527文字)

あわせて読みたい

ニュース特集