メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号で「ぼっち」浸水 千葉・八街の農家「どのくらい無事か…」

浸水被害にあった落花生畑。ブルーシートがかぶせられているのが「ぼっち」=千葉県八街市八街で、2019年10月25日午後3時半ごろ(関よし子さん提供)

 台風21号の影響による記録的な大雨で、出荷間近だった千葉県特産の落花生に被害が出ている。落花生を乾燥させるために積み上げた「ぼっち」が水浸しになり、農家はぼっちを解体して落花生を乾燥させる作業に追われている。台風による度重なる農業被害に、農家からは「これだけ災害が続くと厳しい」と悲鳴が上がる。10月30日、八街市八街の関秀博さん(55)の畑では、妻よし子さん(56)と両親の合わせて4人で、ぼっちを解体して乾かしていた。【加古ななみ】

 関さんの落花生畑約60アールは同25日の大雨で胸くらいの高さまで浸水し、ぼっちが浮き上がって流された。関さん夫妻は降りしきる雨の中、道路にまでぼっちが流れていかないように20~30本の鉄パイプを畑の隅に打ち込んでいった。

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  5. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです