メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊豆半島の防災拠点が台風で冠水、通信不能に 見直し求める声

台風19号の被災前の伊豆ゲートウェイ函南の川の駅(手前)と道の駅(奥)=函南町提供

 伊豆半島の災害復旧拠点としての役割を担い、国や静岡県函南町が整備した伊豆ゲートウェイ函南(同町塚本)が、10月の台風19号の豪雨で冠水した。自衛隊やボランティアの拠点となることが想定されていた広場が水につかり、建物も約50センチ床上浸水。インターネットや電話が不通となった。関係者からは「防災拠点としての施設の機能や設備を見直す必要がある」との声が出ている。【垂水友里香】

 伊豆ゲートウェイ函南は国道136号沿いの「道の駅」(約1万3300平方メートル)と、狩野川の堤防上にヘリポートを備えた「川の駅」(約8700平方メートル)で構成され、道の駅が2017年5月、川の駅は今年4月にオープンした。国土交通省が川の駅に基盤整備費13億4000万円、町が国などからの補助金を含め両施設に計約15億円を投じている。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  4. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  5. 「エール」視聴率、関東20.1%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです