特集

ともに・2020

東京五輪・パラリンピックを控え、毎日新聞社はバリアーゼロ社会実現を目指し「ともに2020」キャンペーンを展開しています。

特集一覧

ともに・2020

車椅子利用者3割、UDタクシー乗れず「目をそらしスルー」 障害者団体が調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
電動車いすでUDタクシーに乗り込む土屋さん。運転手は「10分以上かかりますがよろしいですか?」と尋ねてからスロープを設置した=東京都江戸川区で2019年10月30日午後9時45分、斎藤文太郎撮影
電動車いすでUDタクシーに乗り込む土屋さん。運転手は「10分以上かかりますがよろしいですか?」と尋ねてからスロープを設置した=東京都江戸川区で2019年10月30日午後9時45分、斎藤文太郎撮影

 車いすのまま乗車できるタクシー「UD(ユニバーサルデザイン)タクシー」について、障害者団体「DPI日本会議」(東京)が今年10月に車いす利用者延べ120人の乗車調査をしたところ、27%にあたる32人が乗車拒否などで乗車できなかった。同会議が12日に発表した。運転手がスロープの設置方法を知らないケースもあった。同会議は国土交通省に改善を求める。

 UDタクシーは車両後部にスロープをつなげ、車いすのまま乗れる。東京五輪・パラリンピックを機に車いす利用者が増えることが予想されるため導入を進めている。運転手がスロープ設置や車いすの固定などを行う。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文768文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集