メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Wヤングの平川幸男さん死去 「へんなの」 上方漫才大賞2度、しゃべくりで人気

コンビ結成20年記念公演を前に記者会見するWヤングの平川幸男さん(右)と佐藤武志さん

 漫才コンビ「Wヤング」の平川幸男(ひらかわ・ゆきお、本名・平川幸朗=ひらかわ・こうろ)さんが11日、死去した。78歳。葬儀は近親者で営む。

 人気絶頂期の1979年に相方が死去したが、84年に佐藤武志さん(65)と再結成し、ベテラン漫才師として劇場を中心に活躍していた。

 神戸市出身。64年に故・中田治雄さんとWヤングを結成。「しゃれづくし」などテンポのいいしゃべくり漫才で人気を博し、2度の上方漫才大賞に輝いた。漫才ブーム到来の直前、中田さんが急死した後は、佐藤さんと2代目Wヤングを…

この記事は有料記事です。

残り366文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです