メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Hagexさん殺害 罵倒繰り返す被告人の投稿次々削除 サイト運営会社が証言

福岡地裁などが入る庁舎=福岡市中央区六本松で、平川昌範撮影

 福岡市でITセミナーの講師を刺殺したとして、殺人罪などに問われた同市東区の無職、松本英光被告(43)の裁判員裁判が12日、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)であった。被告が利用していたインターネット投稿サイトの運営会社の社員が証言し、他のユーザーへの罵倒を繰り返す被告の投稿を危険視し、会社が監視していたことを明らかにした。投稿は1時間に100件にも上り、他のユーザーから恐怖を訴える声も寄せられていたという。この日は被告人質問もあり、被告はターゲットが複数いたほか、サイト運営会社の社員を襲う計画もあったと述べた。

 松本被告は昨年6月24日午後8時ごろ、同市中央区にある市の起業支援施設で、「Hagex(ハゲックス…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤田菜七子騎手が中央重賞初制覇 女性騎手初

  2. 九州新幹線、運転見合わせ 線路に人、ひかれたか 熊本・新八代駅

  3. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  4. 中村哲さん銃撃後「誰も生きていないな」武装集団4人前後、計画的犯行か

  5. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです