メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇高航路休止を受けた玉野市長のコメント、岡山県知事コメントと酷似 「参考にしたことは間違いない」

岡山県知事(上)と玉野市長のコメント(下)。書式は同じで文面も酷似している=2019年11月12日午後7時4分、平本泰章撮影

[PR]

 高松港(高松市)と宇野港(岡山県玉野市)を結ぶ「宇高航路」のフェリーの運航休止を巡り、玉野市が報道各社に出した黒田晋市長のコメントの内容や書式が、岡山県知事が発表したものと酷似していた。文書を作成した同市総務課は12日、毎日新聞の取材に対し、「参考にしたことは間違いないが、全く同じではない。誤解を招いて申し訳ない」と陳謝した。

 同課によると、11日朝に「四国急行フェリー」(高松市)が国土交通省四国運輸局に12月16日からフェリーの運航を休止する届け出を提出したことを受け、昼ごろに岡山県が伊原木隆太知事のコメントを発表。玉野市ではコメントを発表する予定はなかったが、県の対応を見て黒田市長が「出したらどうか」と同課に文書の作成を指示したという。

 作業に当たった同課は、県から電子メールで送られた知事コメントをそのままコピー・アンド・ペースト(コピペ)して書式は変えず、修整・加筆したという。その後、黒田市長の確認を経て、報道各社に送られた。

 同市総務課の晋文一課長は「(2015年から)県とともに(四国急行フェリーに)財政支援をしてきたので、ある程度似ていなくてはいけないと思った」と説明し、「急いで作ったため、誤解させることになった。内容としては独自の部分もあるためコピペというわけではない」としている。【益川量平】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです