メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 相模原で遺体発見 不明の67歳男性と確認

土砂崩れで住宅が押し流され、埋まった現場=相模原市緑区牧野で2019年10月16日午後4時51分、池田直撮影

[PR]

 12日午後2時50分ごろ、相模原市緑区牧野の土砂崩れ現場下の谷沿いで、男性の遺体が見つかった。神奈川県警によると、男性は台風19号による大規模な土砂崩れで行方不明になっていた佐々木睦(むつお)さん(当時67歳)と確認された。

 睦さんは10日に遺体で見つかった妻定子さん(当時63歳)とともに、土砂に家ごと流された。県警津久井署によると、睦さんの遺体は定子さんが見つかった現場から約2メートルの場所で発見されたという。同署で遺体と対面した長男の一彰さん(41)は「おかえり」と声をかけたといい、「(定子さんと)一緒でよかった」と話した。

 台風19号による死者は91人となった。【高橋和夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです