メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・山形市議会 常任委の議事録40年以上匿名 識者批判「まだ残っているとは」

福岡市役所=福岡市中央区で2019年2月24日、森園道子撮影

 全国の都道府県、政令市、道府県庁所在地の計98議会のうち、福岡、山形両市議会が常任委員会で発言した議員名を議事録で匿名としていることが毎日新聞の調査で判明した。福岡市議会では50年以上、山形市議会も40年以上続く。常任委は本会議と両輪をなす重要な審議の場で、識者は「時代遅れ」だと批判している。また和歌山、岡山両県議会や岡山市議会など10議会が常任委の議事録をホームページ(HP)で公開していなかった。【加藤小夜、杣谷健太】

 毎日新聞は9月、47都道府県と20政令市、それ以外の道府県庁所在地31市の議会に議事録の公開状況をアンケートで尋ね、全議会から回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1122文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  3. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  4. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです