メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問は「○」答弁は「△」 IT化からも情報公開からも取り残される地方議会の実態

福岡市議会常任委員会の議事録。「○」は議員、「△」は市側の答弁者を表す=福岡市中央区で2019年10月4日午後10時22分、上入来尚撮影

 地方議会の主要な審議の場である常任委員会の議事録が、福岡、山形両市議会では長年にわたって匿名で記載され、和歌山、岡山両県などの10議会ではIT化が進む現在もHPで閲覧できない状態となっていた。全国各地で議会改革が進む中、一部が取り残されつつある実態が浮かんでいる。【加藤小夜】

 ○ 事故の教訓を生かして体制は改善したのか

 △ 事故防止委員会において、緊急時の対応策を精査し、体制を整えている

この記事は有料記事です。

残り1897文字(全文2093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです