メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラリンピックのブーケ公表 東日本大震災被災3県の花を使用

東京五輪・パラリンピックの表彰式でメダリストに贈られる副賞の「ビクトリーブーケ」=東京都中央区で2019年11月12日午後4時44分、玉城達郎撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、表彰式でメダリストに贈られる花束「ビクトリーブーケ」を公表した。花は主に東日本大震災で被害の大きかった東北3県産を使用。ブーケは五輪がヒマワリ、パラリンピックはバラをメインに明るく元気な色調となっている。組織委は「復興の進展を表すシンボルにもなる」と期待を込めた。

 五輪は宮城県産のヒマワリのほか、福島県産のトルコギキョウ、岩手県産のリンドウなどを用い、パラリンピックはヒマワリの代わりにバラを使用する。ブーケのデザインは日本花き振興協議会の協力で完成。花の生産、流通、小売りなどで作る同協議会は、計約5000個のブーケを制作し、競技会場への輸送にもあたる。

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿区、困窮者に退出促す ホテル滞在、東京都の延長知らせず

  2. 「どんな思いで亡くなられたのか」めぐみさんの同級生、声を詰まらせ 横田滋さん死去

  3. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  4. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  5. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです