メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高安と貴景勝 ともに紙一重の勝負制し大関のメンツ保つ

大栄翔(左)をはたき込みで降す貴景勝=福岡国際センターで2019年11月12日、津村豊和撮影

 大関の高安と貴景勝はともに紙一重の勝負を制し、2日目の黒星を引きずらずに意地を見せた。高安は隠岐の海を強い立ち合いで押し込んだ後、左足一本で踏ん張って上手投げ。貴景勝は、埼玉栄高の先輩の大栄翔と激しく突っ張り合った末に身を引いて相手の力を逃がし、はたき込んだ。ともに普段から取材に多くを語らない2人…

この記事は有料記事です。

残り51文字(全文201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです